2017年2月16日木曜日

大画面テレビ



今夜は母の家で留守番をしている。岐阜県の温泉に一泊旅行に出かけているあいだ犬と猫の世話をしてほしい、ということで、今夜は実家警備員。45才。

 しっかし、いまどきのテレビというのは、でかいな。大画面がすぎる。何型というのか何インチというのかわからないが、人間のバストショットが、実在の人間と同じぐらいのサイズになっている。やりすぎだろう。最初はレンタルビデオを見ながら「大画面だとなかなか迫力があるなあ」と思ったりもしたが、映画を一本見終わったあたりで飽きる。これは、逆に、うっとうしい。
 現代の高齢者というのは、こういうテレビを普通に見ているのだろうか。地上波デジタルの強制買い替えで、こういう環境が一般的になってしまったのだろうか。仮に、この画面が50平米ぐらいのリビングルームに置かれているのなら、まだ目の逃がし場所もある。しかし、20平米そこそこのこじんまりしたお茶の間に、こんな大画面置いたらダメだよ。ほとんど圧迫面接です。
 想像するに、昼間のテレビ番組というのはけっこう下品であるから、この画面がおかれた空間には、関西弁で右翼的主張をする下品なアナウンサーが人間と同じスケールで侵入してくるわけだ。目の前に現れた人間サイズの首が、ひっきりなしにまくしたててくるわけだ。これはひどい環境だ。メディア社会学のスティグレールなら、いやスティグレールを持ち出すまでもなく、知覚環境が汚染されている。こんな状態に日常的にさらされていたら、感覚がおかしくなってしまう。現代の高齢者の知覚環境は、地上派デジタル強制を境に、ずいぶんとひどい汚染状態に陥っているのではないか。

 私が小さいころ、昭和の終わりごろは、テレビはもっと小さかった。子供はテレビ画面ににじりより、「もっとテレビから離れて見なさい」とどやされるぐらいに、画面は小さく、画面の中の人は小さかった。そこでは、生きている現実の人間と、画面の中で喋っている人間とが、はっきりと区別されていた。画面のサイズの小ささと解像度の低さが、近さと遠さをつくり、現実と放送との遠近感をつくっていたわけだ。
 それに対して、現在の大画面高解像度のテレビは、遠近感を失う。まるで親しい友人を家に招待したのと同じサイズで、宮根誠司や辛坊治郎がお茶の間にずかずか上がり込んできているのだ。毎日。これはやばい。

 人間サイズの首に毎日まくしたてられ、現実と虚構の区別を失った高齢者たちは、十中八九、ネトウヨになる。テレビに教育されたネトウヨは、「北朝鮮の脅威」を現実的なものと感じ、放射線被曝は非現実的なものと感じるのだ。
 大問題だ。



2017年2月9日木曜日

アレバ社に死亡フラグ?

 フランス北西部のフラマンビル原子力発電所で、爆発事故。
運転中だった原子炉1号機は停止されたとあるが、これはまだ第一報なので。
ちゃんと冷却できたらいいなあ。

ところでフランスといえば、原子力企業アレバ社は、新型原子炉の建設が暗礁に乗り上げて、経営が傾きかけている。日本の原子力企業三菱が資金を出して支える予定だが、これはもう、無理だね。
完全に死亡フラグがたっている。

アレバ、ざまあみろ。
アレバから金をもらってきた「エートス」的な団体も、遠からず店じまいだね。

2017年2月8日水曜日

科学論争へ


 一昨日、名古屋共産研の会議、と、飲み会。

 今年の全体方針は、放射能汚染をめぐる科学論争と、科学行政批判を軸にする、ということに決まりました。
次回会議で、論点出しをやって、作業を進めていきます。


 共産主義者は科学の子ですから、社会科学だろうが自然科学だろうが、すべてを科学的に点検・審査しなくてはなりません。
 共産主義者は分業制の克服・解体をめざす者ですから、釣りをすることやチャーハンをつくることと同じように、科学論争に加わりその担い手にならなくてはなりません。
 共産主義者はブルジョア国家に反対する者ですから、ブルジョア国家が授与したにすぎない学位・職位・「専門性」を鵜吞みにすることはないし、その欺瞞性が明らかになったこの機会に乗じて、一気に転覆をはかるべきです。


 いま放射線防護活動の現場では、高卒の主婦が、放射線検出器を自在に扱っています。彼女たちは検出器の原理を学び、その能力と、運用と、限界を知っています。文部科学省がどのようなごまかしをやっているかを、政治的にではなく科学的に指摘することができます。彼女は分業と性別役割分業を超えて、ひとりの科学者になっています。彼女は共産主義者ではないが、共産主義者を自称する者よりもずっと共産主義的なのです。
 こうした市民科学者たちの姿勢に学び、あとに続かなくてはなりません。“市民科学者”という概念に不満があるなら、“人民科学者”と言ってもよい。分業制の克服は、遠い将来に待ち望む夢想ではなく、現在の切迫した課題としてあって、すでに多くの人々によって実践されているのです。ブルジョア国家の科学行政がどのようなインチキをやっているかを、自らの手で暴いていかなくてはなりません。安斎だの小出だの「専門家」を呼んで講演会をやっていっちょうあがりという態度は、もうやめにしましょう。自分自身が科学論争の担い手になるのです。共産主義者を自認する者は、ひとりの例外もなく、科学者になるべきです。
 身構えることはありません。放射線の「専門家」なんてのは、素人に毛が生えたようなもの、読んでみれば穴だらけです。

 そういうわけで、今年は科学論争に取り組みます。
 きっと楽しくなります。
 刺激的な論争をつくっていきましょう。



集会報告集ができました



昨年末、名古屋共産研主催による政治集会  “12・17「放射脳」左翼全国集会” をおこないました。その基調講演と自由討論を文字に起こして、報告集ができました。

取り扱い書店は、

●ウニタ書店(名古屋)http://www.h6.dion.ne.jp/~unita731/index.html

●模索舎(東京) http://www.mosakusha.com/voice_of_the_staff/

です。

2017年2月2日木曜日

命が大事


 
 他人の死に接したとき、人は、他人の死と自分の生を照らし合わせる。死と生を対照して考えたときに、ある単純な事実に気づく。
 生きているとは、たんに死んでいないという状態をさすのではない。
 生きるとは、死に抗う運動である。

 人間はいつか必ず死ぬ。生命の時間は最期の死の瞬間に向かって不可逆的に進む。しかし、生きていることとは、まだ死んでいないということではない。死までの猶予期間を生かされているということではない。生きるとは、死に向かっていく時間に抗い、逆向きに進んでいく、運動である。
 だから、他人の死に接したとき、人が恐れているのは、死ではない。そこで畏怖されているのは、死によって照らし出された生、自分自身の生である。人が死に魅了されたり、他人の死に足を取られたりするのは、死それ自体に何かがあるからではない。生が、おそろしいからである。ただ生きているというありふれて見える状態が、ほんとうは、生半可な気持ちでは乗り切れない大仕事であるという事実に気づいたとき、人は生を畏怖し、震えるのだ。

 生命は、熱と力の渦に巻き込まれていて、つねに、表面的には静止して見えるときにも、激しい運動の渦中にある。生理学的なレベルでもそうなのだから、「生命」と言わず「人生」と言うのなら、なおさらそうだ。人生とは、力の渦中にあってもがき続ける、不断の闘争である。

 人々が「放射脳」の存在から目を背けてきたのは、彼らが死を口にするからではない。人々が「放射脳」をおそれるのは、彼らが生を問う者だからだ。いや、直接に口にすることはない。彼女はただ心の中で自問自答しているだけだ。自分の生はどのようなものとしてあるのか、と。
自分の生は、ただ死までの猶予期間を生かされているというだけのものにすぎないのか。
それとも、別のなにか。



 こうしてみると、「命が大事」という聞きなれた標語が、どれほどラディカルで戦闘的な内容を含んでいるかがわかる。「命が大事」とは、「命の闘い」である。これは「命をかけた闘い」ではもちろんないし、また、「命のための闘い」ですらない。そんな平板なものではない。
「命が大事」とは、命自身による闘い、命が命自身を問うていく闘いである。
 すげえんだ。
 命が大事。


2017年1月28日土曜日

「園くんを励ます会」



 東京で活動していた園良太くんが、大阪に移住したということで、先行移住者や大阪の活動家が集まって、飲み会をしました。
 大阪のなんば道頓堀にある居酒屋で、「園くんを励ます会」。大阪、和歌山、兵庫の「放射脳」移住者のみなさん、名古屋と京都から「名古屋共産主義研究会」、さらに「ラジオKY」の小島さんが参加して、「放射脳」トーク。最後は、園くんの健康を祈って、一本締めでしめました。

で、月1回ぐらいは集まって飲もうということになりました。


 来月も(たぶん)大阪に行きます。よろしく。

2017年1月13日金曜日

デマゴギーと「業界」


 このかんの放射能汚染問題は、おびただしい数のデマゴギーを流通させてきた。放射能の安全神話は、嘘やごまかしや印象操作を大量に投入し、あたかも日本中の人々が被曝被害を不問にしたかのようであった。
しかし、嘘は長続きしない。これから、誰が嘘をつき、誰が真実を言っていたか、審判がくだる。



 この6年間のデマゴギー状況を振り返って、ひとつわかったことがある。
 デマゴギーの温床は、「業界」である。

 社会学の用語では〈界〉である。さまざまな分野に〈界〉がある。
わかりやすい例をとると、報道には報道の〈界〉(業界)がある。〈界〉は、他の分野とは隔たった輪郭をもち、自律している。〈界〉は、内部では成員同士の競合関係があり、全体としては自律している。この〈界〉の自律性を保持する構造に、デマゴギーの温床がある。
 社会学者ピエール・ブルデューによれば、〈界〉の内部の競合関係は、「ババ抜き」や「椅子取りゲーム」に喩えられる。そして、ある〈界〉が自律している(閉じている)ということは、言い換えれば、〈界〉の構成員の関心事は第一に〈界〉内部の動向である、ということである。報道機関の一人一人の記者は、もちろん現実に起きている出来事に関心をもって(外部に関心を開いて)取材をするのだが、しかしそれ以上に、同業他社の記事を気にかけ、参照している。彼らは同業者の競合関係のなかで、お互いの仕事を参照しあい、相互に監視しあっている。
 例えば、ある事件を取材するか否かを決めるさいに重要な判断材料になるのは、その事件を他社が取材しているかどうかである。他社がこぞって取材しているのに、自社だけが取材しないと判断することはありえない。また、他社がどこも追っていない話題を、自社だけで取材するというのも、負担感が大きい。そうして、事件の重要性を判断することとは別に、取材の是非が決定していたりする。皆が関心を持っているからではない。自分だけ「ババ」をひくわけにはいかないからだ。この構造が「メディアスクラム」を生み出す。読者の関心や社会的な重要性を超えて、〈界〉の競合関係が暴走をはじめるのである。「メディアスクラム」は極端ではあるが例外的な現象ではなく、恒常的に働いている〈界〉の力学を示すものだ。全国紙の一面とその出来事の解釈について各社が横並びになることは、日常的にあることだ。
 ここで見るべきは、〈界〉の自律性の内側では、ひとりひとりの記者が自律性を失っている、ということだ。記者個人は、報道機関という〈界〉が自律的であることによって自分自身も自律的であるとみなしているが、実際には、〈界〉内部の競合関係によって個人の自律性を失っている。彼がどのような事実を調べどのように書いたかは、常に同業他社との競合関係の中で評価され、査定されている。この査定をクリアするために必要なのは、〈界〉から見て「ユニークである」ことと「ユニークすぎない」こととのバランスである。もしも彼が〈界〉にとって「ユニークすぎる」記事を書いてしまったら、〈界〉の成員は彼を「記者ではないべつのもの」と評価することになる。それは、競合関係の「椅子取りゲーム」のなかで椅子を失うということだ。だから、もしも彼がジャーナリストであり続けたいと思うなら、自分の関心や着想よりも、「報道業界」の関心や着想に配慮しなければならない。彼のことをジャーナリストとして承認するのは、自分でも読者でもなく、同業者たちだからである。彼は自分が何者であるかを自分自身で決めることができない。彼が何者であるかは〈界〉のゲームに委ねられ、そのことで彼は〈界〉に従属するのである。

 ブルデューの〈界〉概念は、一般的な概念である。ここでは「報道業界」を例にとったが、同じことは大学人にも言えるし、社会運動にも言える。それぞれに〈界〉があり、お互いに競合しつつ参照しあう「業界」というものがある。「業界」は成員を相互に承認しあい、そのことで、成員相互が監視しあう三すくみ四すくみの状態を作り出す。
 知識階層の多くが放射能汚染問題を理解しつつ、そのことを公然と表現できないでいるのは、この〈界〉の相互監視の力学が彼らに向けて働いているからだろう。彼は放射能問題を気にかけてはいるが、そのことよりもまず、自分が属している〈界〉のゲームを首尾よく切りぬけたいと考えている。自分だけが「ババ」をひいたり、自分だけが矢面に立ったりはしたくないのだろう。そうして知識階層の諸々の「業界」が三すくみになっているのを尻目に、デマゴギーが大手を振って歩いているというわけだ。

 この6年間、放射能汚染問題を公然と告発し、矢面にたって闘ってきたのは、主婦である。なぜなら主婦とは、「業界」に属さない単独者だからである。彼女(彼)は、2011年の事件が起きるずっと以前に、「業界」から足抜けしていた。あるいは、そもそも最初から「業界」と無縁であった。
 主婦は、〈界〉から自由である。この自由は両義的なものである。それは否定的な側面をとれば、あらゆる〈界〉から排除されている、「椅子とりゲーム」に参加できないアウトサイダーである、ということだ。肯定的な側面をとれば、どんな〈界〉のゲームにも従属することがない、自分が〈界〉に参画しているなどという幻想を持つことがない、ということである。そして現在のデマゴギー状況のなかでは、この自由の肯定的な力が発揮されている。排除されていること、被差別であることが、嘘や欺瞞を退ける力に転化しているわけだ。

 楽しい。考えるだけでわくわくする。
 そう。主婦は単独者であるが、同時に、多数者である。
 誰でも主婦になることができる。
 この境遇は特権的なものではなく、誰に対しても開かれている。